アンティークドア 使い方いろいろ

0

    ひぐらし古具店では、アンティークのドアを多数取り扱っています。

     

    フランスのアンティークドアや、イギリスで買い付けたもの、日本のものなど、いろいろあります。

     

    店舗づくりの際や、住まいのリノベーションに合わせて、ドアを新設したり交換したりする際にぜひオススメです。

     

    今回は本来の「ドア」としてだけでなく、ディスプレイのアクセントとしてのアンティークドアをご紹介させて頂きます。

     

     

    リビングダイニングの一角に、アンティークドアを。

     

    無垢の木ならではのあたたかみと、立体感があるので奥行きが出て、そこにもう一部屋あるかのような錯覚も・・。

     

     

    ディスプレイのアクセントとして。

     

    背景にドアを置くことで、手前のものがよりひき立ってみえます。

     

    また賃貸などで直接壁に釘などを打ち付けられない場合にも、ドアを立て掛けて(倒れないように重いもので押さえつつ・・)、

    引っ掛けたり、フックや棚をつけたりしても良さそうです。

     

    実際、店舗でもアンティークドアにドアフックを引っ掛けて、小物をディスプレイしています。

     

    無垢のドアはこのままでも雰囲気がありますが、もちろんペイントして頂いても素敵です!

     

    バターミルクペイントでも簡単に塗ることができます。

     

    アンティークホワイトやミントグリーンなどの爽やかな色に塗ってみても可愛いですね。

     

    アンティークドアの商品詳細はこちらから

     

    ドアの交換と合わせてプチリノベーションしてみませんか【ひぐリノ】サイトはこちらから


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    人気ブログランキング

    <ブログ王 テキストリンク>

    <住まいブログ>ランキング

    <インテリアブログ>ランキング

    <インテリアブログ>ランキング

    にほんブログ村 インテリアブログへ